一覧画面へ 前へ過去記事へ
■日韓親善に江州音頭で盛り上がる! 江洲音頭だより(第26号)
 七月十九日ホテルロイヤルオークにて、大津JC夏の懇親例会が開かれ、姉妹クラブの韓国ソウル端草JCメンバーが数多く参加されていました。
 懇親会では、アトラクションとして、葉山江州音頭同好会(代表・磯貝豊明)の音頭と踊りに合わせて、日韓両JCメンバーが、掛声と踊りを楽しんだ。百名近い参加者全員が一つの輪になって、大きな盛り上がりができ、江州音頭が日韓親善交流に貢献できたことは、有意義であった。
 特に、大津JC新庄理事長自身が歌った音頭は、韓国語も交えてのユニークなパフォーマンスと、『テーハンミング』(大韓民国)の大合唱で、会場がはじけんばかりの喝采だった。
 葉山の皆さんが二ヶ月前から、新庄理事長に粘り強く音頭の指導をされ、新庄氏も熱心に研究された結果、当日大きな花が咲いたと思われる。
協力、葉山江州音頭同好会
(記 深尾勝義)
【写真】熱唱する大津JC新庄理事長(ホテルロイヤルオークにて)

Copyright (c) 2002 Goshu-Ondo Association トップページへ